浮気リサーチで先ずすべき事


浮気リサーチで先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気しているか否かが不明白な場合は一度、不貞リサーチを続けるか決める必要が出てきます。もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべ聴ことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、パートナーと不実を働いている相手を確かめるのです。

 

車の目立たない場所にGPS端末を設置して、移動の様子を常時監視し、現在いる場所を掌握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動をが出来ます。車より、徒歩、チャリンコ、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段もち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも掌握できます。しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けている電話番号があるとしたらそれは不貞相手と連絡を取り合っているという可能性が濃厚であると考えられます。その後、その電話番号のもち主を突き止めるだけでいいのです。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で不貞相手と連絡を取りあった後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

 

動きを記録しておくことで不貞の裏付けが出来ることもあるでしょう。基本的に、日々の行動には決まりが出来るものです。しかし、不貞すると、行動のパターンが変わります。変わった曜日や時間帯を確認できたら、動き方をよく見ていると、不貞の証明が出来る可能性が上がります。離婚も辞さないつもりで、貰える慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、できるだけ避けましょう。信用している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

 


心から信頼する人が伴に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するのがベストだと思います。飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、不倫と決定づける参考資料となります。ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目をとおすようにします。仕事で使ったにもか換らずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、同伴者がい立と推測される場合があるでしょう。浮気調査の依頼をするときには、何人のリサーチ員が必要なのかというと、リサーチの方法や時間などによって幅がありますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気をしているかの確認をリサーチ員1人ですることが多くなります。

 

不貞が確実なものとなったなら、再度計画をたててリサーチ員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、リサーチが必要とする時間は減るので、リサーチ代金はその分安くなるのです。と言っても、いつ不貞をしているのかを知っているにしても、顔見知りにいって写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。気づかれずに写真撮影をおこなうにはプロの探偵にリサーチして貰うのがベストなのです。

 

カーナビにより浮気の事実を証明できます。こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデートで不貞し立ところを見つけられるのです。履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けてましょう。そして、何度ももし給油していたら、車で会っていることがあります。日々、相手の生活の様子を注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しながらみることは他人に頼まなくても可能になりますが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が間ちがいありません。そして、探偵に頼むという事は、単に、不貞の証拠を入手するだけではなく、状況に応じたアドバイスも貰うことが出来るのです。